防災フォーラムin海南「巨大災害 命を守る情報をどう伝えるか」≪報告≫

さる2月10日、海南市役所3階会議室で、「巨大災害 命を守る情報をどう伝えるか」と題して、防災フォーラムin海南が開催されました。
 県内自治体、企業、無線技術者、学生、一般市民等幅広い分野の方々にご参加いただきました。

■講演、パネルディスカッションの様子を動画で見ていただけます。(WIDA会員限定)→ 

 


【日 時】 平成30年2月10日(土) 14:00~17:00(13:30開場)
【場 所】 海南市役所3階会議室(〒642-8501 海南市南赤坂11番地)


 

プログラム

開会挨拶(14:00~14:05)

 中川 優(WIDA会長)

基調講演(14:05~14:45)

『災害FMの可能性と課題~東日本大震災調査より』
村上圭子むらかみ けいこ ) 氏 (NHK放送文化研究所主任研究員)
 
『熊本地震でラジオはこう発信した』
村上隆二むらかみ りゅうじ ) 氏 (プラスワン代表  ラジオDJ・ディレクター

休憩(14:45~15:00)

パネルディスカッション(15:00~17:00)

司 会      伊藤 宏氏(和歌山信愛女子短期大学教授)
パネリスト    神出政巳氏(海南市長)
         高宮正純氏(近畿総合通信局放送部放送課長)
         村上圭子氏
         村上隆二氏
     

【主 催】 和歌山県情報化推進協議会(WIDA)
【共 催】 海南市
【後 援】 総務省近畿総合通信局