フィッシングメールに注意<和歌山県警サイバー犯罪対策課からのお知らせ>

和歌山県警察本部生活安全部サイバー犯罪対策課サイバーセキュリティ対策係

犯罪者は、みなさんを欺くため、メールの文面など内容を度々変えており、全国的に様々な被害が発生していますので注意してください。

フィッシングメールの特徴(例)


 携帯電話事業者、インターネットショッピングサイト、宅配業者、クレジットカード会社、金融機関など、実在する業者を名乗る

【個人情報の窃取】
・「個人情報の確認」、「会員情報の更新」、「当選品(金)の受取手続き」などと理由をつけ入力を求める

【偽サイトへの誘導】
・ メールに添付されているURL(リンク)をクリックすると偽サイトにアクセスする
・ サイトの画面のどこをクリックしても感染する危険性がある
・ 正規サイトとほぼ同じ見た目をしており見破ることは難しい

フィッシングメールへの対処方法


・ むやみに個人情報の入力やURLへのアクセスをしない
・ メール等の送り主や記載のリンクが正規のものかを確認
・ 日頃からウイルス対策ソフトを利用し、有効な設定かを確認

【個人情報を入力してしまった場合】
・ ID・パスワード、暗証番号などの変更手続きを速やかに行う
・ クレジットカード等の利用停止手続きを行う

【偽サイトにアクセスしてしまった場合】
・ ウイルス対策ソフトによる感染の確認やパソコンの初期化などの対策を講じる