不審なメールにご用心<和歌山県警サイバー犯罪対策課からのお知らせ>

和歌山県警察本部生活安全部サイバー犯罪対策課サイバーセキュリティ対策係

スマートフォンが普及し、インターネット利用者が増加するにつれ、利用者が犯罪者に金品を騙し取られたり、個人情報を奪われる事例が全国的に発生しています。
今回は、最近多く見られる手口を紹介いたしますので、ご注意願います。

事例1「宅配便を装ったメールやショートメッセージ(SMS)」


 携帯電話に、メールやSMSで不在通知が届き、メッセージを開いた後、
① 記載されているリンク(URL)を開くと、自動的にコンピュータウイルスがダウンロードされ感染する。
② 記載されているリンク(URL)を開くと、宅配便業者を装った偽サイトに繋がり、再配達用アプリに見せかけた不正アプリ(コンピュータウイルス)をインストールするよう薦められ、指示に従ってインストールすると感染する。
③ 会員登録など様々な理由に基づき、ID、パスワード、電話番号、認証番号などの個人情報の入力を求めてくる。
など様々なパターンがあり、個人情報を奪われたり、奪われた個人情報を悪用され詐欺など新たな犯罪被害に遭うおそれがあります。 

【対処方法】
メールやメッセージが来たら、送り主や記載のURLが正規のものか確認しましょう。
偽サイトは本物そっくりに作られており、見た目で判断するのは難しいです。
スマートフォン用のウイルス対策ソフトを利用し、設定も確認しておきましょう。

事例2「秘密をばらす脅迫メール」


 国際的なハッカーグループを名乗り、「パソコンにウイルスを感染させ、内蔵カメラでアダルト動画を見ている姿を撮影した。」「友人などにばらされたくないなら仮想通貨を支払え。」という内容のメールを送りつけてきます。中には、記載内容を信じさせるために、実際に使用しているパスワードが記載されている場合があります。

【対処方法】
メールを受信しても脅迫メールに応じず、速やかにパスワードを変更してください。
同じパスワードの使い回しは危険なので行わないでください。
ウイルス対策ソフトによるウイルス感染の確認やパソコンの初期化などの対策も取りましょう。