平成25年度講演会

2013sns

近年、事件の映像などが瞬く間にソーシャルメディアを通じて世界中に伝わる様子が頻繁にみられるようになりました。一方、企業などのソーシャルメディア活用は活発ですが、その効果は限定的であることがわかってきました。

本講演会ではビッグデータ活用も含めた最新情報に学びながら、ソーシャルネットワークシステムの利活用で今後ビジネスや行政サービスがどのように変わるのかについて、問題点を整理し、今後の可能性を検討しました。

たくさんのご参加ありがとうございました。

■記録動画をご覧いただけます。(会員限定)→ movie


【日 時】 平成25年5月17日(金)14:00~16:30
【場 所】 和歌山ビッグ愛 12階会議室1201・1202(手平2丁目1-2)


講 演

『ポストソーシャル時代のビッグデータ活用』
磯部 一郎 ( いそべ いちろう ) 氏 (株式会社エフビーンズシステムエージェンシー 代表取締役専務)

パネルディスカッション

『地域におけるソーシャルメディア活用を探る』
コーディネーター
満田 成紀 ( みつだ なるき ) 氏 (和歌山大学システム工学部准教授)
パネリスト(写真左から)
仲山 友章 ( なかやま ともあき ) 氏 (NHK和歌山放送局 放送部長)
服部 眞悟 ( はっとり しんご ) 氏 (和歌山県国体推進局総務企画課 副課長)
戸水 大助 ( とみず だいすけ ) 氏 (西日本電信電話(株)和歌山支店 法人営業部長)
磯部 一郎氏

今回の講演会でも、昨年末の「わかやま地域情報化フォーラム2012」で使用した会場内専用のコメント送信フォームを用意し、参加者からスマートデバイス等(PC、スマートフォン、タブレットPC、携帯電話等)を使って、随時コメントを投稿していただきました。

送られたコメントは、リアルタイムでサブスクリーンに投影されますので、登壇者は参加者の反応を即座に知ることができます。参加者同士も他の参加者がどういうことを考えているかがよくわかり、参加型ということを実感できるものになっています。

今後もさらに発展させ、有効に活用していきたいと思います。


左側がサブスクリーンです。サブスクリーンにはこのように投影されます。

講師のご紹介

磯部 一郎氏
桜美林大学国際学部国際学科卒業。システム開発会社にてシステムエンジニアとして開発業務に携わる。
2008年にエフビーンズシステムエージェンシーを創設。経営統合に伴い、現在はグループ会社の取締役としても活躍。マーケティング会社、セールスプロモーション会社、デザイン会社、制作会社、小売会社など関連企業とのシナジー創出を目指し顧客に対するワンストップサービスのリーダーシップをとる。
企業向けのポータルサイト構築とノーツ移行に強い会社経営の傍ら、最近ではソーシャルメディアのビジネス利用を新たに顧客に提案している。販促マーケットの国際的な見本市:プレミアム・インセンティブ・ショーの講義で有料セミナーにも関わらず満員となった。
・これまでの主な講演タイトル:
「ソーシャルメディアを活用したコミュニケーション戦略」
「知って得するクラウド活用術』~事例で実用紹介~」
「ソーシャル×スマートフォン×クラウドで情報のインプットとアウトプットを加速させる」
「ソーシャルメディアが使えないとビジネスできなくなる日が来る!」
「ソーシャルメディアでビジネスを成功させる! ~最新ノウハウ 一挙大公開~」

お申込み方法

FAX:チラシ裏面の参加申込書に必要事項をご記入のうえ、FAX送信してください。
E-mail:必要事項を明記のうえ、下記アドレスあてに送信してください。
【〆切り】 2013年5月15日(水)
【お申込み先】 FAX:073-428-2688  E-mail:info@wida.jp
※チラシダウンロード  WIDA講演会2013チラシ(894KB)

 お申し込みは〆切りました。たくさんのお申込みありがとうございます。