わかやま地域情報化フォーラム2007

newtitle2007

今年10月から一般への提供が始まった気象庁の緊急地震速報をはじめ、ICT社会における、あるべき防災・減災対策について講演、パネルディスカッションを行いました。また、今年9月に完成した和歌山県防災センターの見学も行いました。

ご来場ありがとうございました!!


【日 時】 平成19年11月27日(火) 13:00~16:30
【場 所】 ホテルアバローム紀の国 鳳凰の間(和歌山市湊通丁北2丁目1-2)

プログラム

基調講演

『緊急地震速報を防災に活かすには』
饒村 曜 ( にょうむら よう ) 氏 (和歌山地方気象台長)
forum2007_01 forum2007_02

パネルディスカッション

『ICT社会における防災・減災対策を考える』
コーディネーター
岡本 賢司 ( おかもと けんじ ) 氏 (和歌山県IT推進局長)
パネリスト
饒村 曜 ( にょうむら よう ) 氏 (和歌山地方気象台長)
此松 昌彦 ( このまつ まさひこ ) 氏 (和歌山大学教育学部准教授)
中嶋 滋典 ( なかじま しげのり ) 氏 (株式会社NTTドコモ関西和歌山支店長)
幸村 洋史 ( こうむら ひろし ) 氏 (日本放送協会和歌山放送局放送部長)
潰瀧 順一 ( つえたき じゅんいち ) 氏 (和歌山県危機管理局長)
forum2007_03 forum2007_04

和歌山県防災センター見学

本年9月に完成した、和歌山県防災センターの見学を行いました。
forum2007_06 forum2007_05

【主 催】 和歌山県情報化推進協議会
【後 援】 和歌山県、和歌山県教育委員会、総務省近畿総合通信局

講師のご紹介

饒村 曜(にょうむら よう)氏 (和歌山地方気象台長)
1951年新潟県生まれ。
新潟県理学部卒業後、気象庁に入り、予報課予報官、統計室補佐官、企画課技術開発調査官、海洋情報室長などを経て、現在、和歌山地方気象台長。
阪神淡路大震災時は神戸海洋気象台予報課長、福井豪雨時は福井地方気象台長で、ともに官署が被災しながら観測や予報が一回欠けなかった経験を持つ。著書に 『台風物語』、『防災担当者の見た阪神淡路大震災』、『気象のしくみ』、『図解・地震のことがわかる本』他。